誕生日
 

 学校初日

ちょっと実益になるものを勉強しようと経理の初級講座を受けることにした。
その初日。
いつものように早すぎる時間に家を出たのに学校の駐車場がいっぱいで車でぐるぐる駐めるところを所を探しているうちに遅くなってしまった。
実はこの職業専門学校は10年ほど前にも陶芸を習いに来たことがある。
その時はかなり駐車スペースがあって余裕で駐められたのに。

週に一回の夜のコース。正味3時間20分の授業である。
昼のコースを申し込みに行ったら人が集まらずクラスがなくなったらしい。こういうのは授業料が安い学校ではよくある。授業料を前払いしたのに請求書が送られてきたので文句を言いに事務所に寄っているうちに完全に遅刻。

事務所で教えてもらった教室に入ると
「おばちゃんばっかりやん」

個人事業主や中小企業経営者(の家族)で自分で経理をしたい人や、そういった企業で経理アシスタントの職に就きたい人のクラスで全くの経理初心者がターゲット。1年で経理知識ゼロから初めて最終的に自分で各種税務申告したりバランスシートを作るところまで教えてくれる。


先生が「今日はテキストが用意できてないので・・・」
ええ?テキストないのは困る〜。
どうせなんか話させられるんやろ。ただでさえ言葉のハンデがあんのに。
「まず、自己紹介と経理を習う動機をひとりずつ」
これは想定の範疇なので適当に流す。

「では質問します。経理とはなんでしょう」
うわーえらい抽象的な質問や〜。
こういう質問は超苦手。
えっとー経理ってー・・・・何?会社のお金をちゃんとすること?

そんなことを必死で考えているうちにバラバラと手が上がり
「会社をオーガナイズすることです」
えーそらまたえらいアバウトな答えやなあ。
「仕入れの請求書を帳面につけたり・・・」
こっちは細かすぎるし。

答えとしてはそんなもんでええわけで。毎度のことながらわかっていても日本的に優等生的答えを探してドツボにハマる猫やしき。「こんな小学生みたいな答え言うたら笑われるかも」と思ってしまうんやな〜。先生は定義を聞きたいわけではなくみんなの答えを合わせて「経理ってこんなもんやで」とイメージさせたいだけやのに。

「では何か経理上のことで質問があれば。すぺしふぃっくな質問でもいいですよ」
またばらばら手が上がり
「私はイベント会社をやってるんですけど、外注の屋台が・・・」
「私は家を賃貸で貸してるんですけど共益費のことで・・・」
おいおい、お悩み相談室やないっちゅうねん。

と、猫やしきが心の中で突っ込みまくっているとき、
隣のおばさんは一生懸命メモを取っている。
辺りを見渡すと結構たくさんの人が他人の個人的な経理上の問題について書き込みをしている。先生は質問に丁寧に答えているが、黒板は真っ白(?)。

あまりに話が具体的すぎてメモしても役に立つとは思えへんけど。
みんな必死なんやなあ。今まで行ってた語学学校とは真剣さが違う。
語学学校もみんなそれなりに一生懸命やったけど、全然違う。
えらいなあ。けどアタシには真似でけへんわ、と思ってしまうのであった。

「では休憩の後はバランスシートについてやります」
よかった〜。後半もお話やったらどうしようかと思た。

後半は超初歩やったので猫やしきの「江戸の仇を長崎でとる」形で終わったけど
みんな必死やったし、こんなんやったらおちこぼれるのはあっという間やね。
それも毎度のことやけど・・・。






    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
00:20 | ひとりごと
comment(8)     -
comments
お疲れさんどす
わかりますぅー、この雰囲気。
フランスで経理の講座取った時も全く同じパターンでした。具体的かつ個人的すぎる質問ばかりみんなの前でする人(←税務相談やないって)、自分が理解できないことを先生のせいにして文句いいまくる人(←このヒト、他の講座でも問題起こしたちょっと頭のおかしい人らしく、結局やめさせられた)、一番驚いたのは日本の小学校並の計算ができない人がけっこういたこと。さすが日本は算数のレベルが高いね(v-221 
いずれにせよ「こんな質問したらあかんやろか?」という日本人的謙虚さは通じない世界やっつうことは理解しました。
がんばって続けてくださいねー
2008/09/26 05:57 | | edit posted by Gromit
私も学校通っていた時そんなだった(^.^)。
質問理解して答え考えているうちに
テーマがもう他に移ってるの(ーー;)。
教科書ない抽象的な授業は苦手だったなぁ。
やっぱり日本人として得意科目は数学(算数?)と美術系(図解)。
答えが一つって楽だったです。
しかし、女性の方が多いとは驚きでした。
日本でも経理関係の仕事は女性が多いけど、
経理の学校ってなんか男性が多い気がしていました。
猫やしきさん、頑張って下さい(^o^)丿
2008/09/26 06:12 | | edit posted by ゆむるた
同じ日だよ~
私たちはもう3回目。他のコースより早く始まったの。駐車場、確かにいっぱい。4駆だから乗り上げて芝生の上に停めてるよ。
休憩時間、カフェ行ってる?今度見たら声かけるね。
疲れたから寝る。
2008/09/26 06:53 | | edit posted by MIKO
学校
私は語学学校しか行かなかったけど、懐かしいな学校の雰囲気。
「黒板は真っ白(?)」…わかる。
「板書すりゃいいや」みたいな授業態度は日本で培われたものだったんだと実感しました。
でも黒板に書かれても字が汚くて…いやヨーロピアン(ベルギー人?)の文字って読みにくいんだよ~。
授業中ワイワイみんなで喋ってる中、一人でボーっとしてたら
先生に「Don't be afraid!」って言われた。
いや、恐いわけではなく分かんないんだよ、全然。
私はペーパーテストは常に上位でした。(さりげなく自慢)
でもオランダ語一年生を2回やって最後まで喋れないのは私だけでした(T_T)
日本に比べたら経理の学校も破格に安いの?
日本は何をやろうとしても高くて二の足踏んじゃうよ。
では猫やしきさん頑張って~、テキトーにv-222
2008/09/26 09:43 | | edit posted by がんこ
v-275経理…全く未知の世界です。
しかも異国の地での講座とは…。
ダブルで尊敬です!
日本の学習方法とはだいぶ異なるんですね~。
お悩み相談室状態、笑える!!
勉強頑張ってください!
☆☆☆
2008/09/26 11:11 | | edit posted by you太郎
Gromitちゃん
フランスでも似たようなもんなんや。「相談室」は結構おもしろくて楽しんで聞いてた。やっぱりこういうのは現実に自分がやっていることに照らし合わせて考えるからひとそれぞれ違うし面白いわ〜。
>小学校並の計算ができない
そうなん?今回はまだ数字とか出てけーへんかったからわからへんかった。でもアタシもめっちゃ算数弱いし。おまけに先生がフランとユーロを混ぜて話するので話が混乱するし今後が不安。(未だにフランの方がぴんと来る人が多い)
ゆむるたさん
>美術系(図解)
あははは。そうそう。答えが一つの質問がいいよね。
でも答えが一つの質問でも「これからはその理由もつけて言うようにしてください」って言われたので頭が痛いです。オランダ語が下手なのであんまりごちゃごちゃしゃべりたくない(T.T)
この1年コースの他に会計士、ファイナンシャルアドバイザーのトータル7年のコースなどがあってそっちはたくさん男の人がいるかも。今、25人中男性は2人。
MIKOさん
水曜日やけどMIKOさんも?
MIKOさんはどのクラスかパンフレットを見てたけど犬関係の講座はいろいろあってどれかわからへんかった。
休憩中は煙草を吸いに外に出てると思います(^_^;。15分しかないのでカフェテリアにはあんまり行かないかも。多分正面入り口あたりにいると思います〜。
がんこちゃん
そうそう。大事なことは先生が黒板に書くやろ、と思っているのであまり書かない先生だとノートが真っ白のまんま一日終わったりする〜。読めないことも多いし。
オランダ語5〜6年(学校へいっぱい行き過ぎて途中でめげた年が何度もあるのではっきりとわからない)したけど未だに全然あかんし。
アタシが来白1年の中国人並みにしゃべれるようになる日は永久に来ないと思う。
授業料は1時間2ユーロ強。失業保険もらっている人は免除やしね。
you太郎さん
日本では自分の意見を言う練習をしてこなかったので自分の頭の中をぱっとまとめて発言するのが苦手です。これは普段の会話でもすごく感じます。
どんなアホなことを言っても
「言うたもん勝ち」なのですがそれがなかなかに難しい(^_^;。
2008/09/26 15:05 | | edit posted by 猫やしき
ウチらは
木曜日だ。残念。
2008/09/26 15:43 | | edit posted by MIKO
MIKOさん
木曜日かあ、残念。
この前一応車を探してみたけどなかったから・・・。
2008/09/26 16:04 | | edit posted by 猫やしき
comment posting