誕生日
 

 スズキの塩釜焼き

お正月に「パリから毎日のおかず」のminisparisさんが鯛の塩釜を作ってるのをみてずっと作ろうと思ってたのをやっと決行!!
minisparisさんちは和風味だったけど
酒も切れてるし昆布ももったいないのでうちはスズキで洋風に。
20100407suzuki1.jpg
塩1キロに卵白4個分をよく混ぜて敷いた上に
ハーブをたっぷりかけたスズキを載せる。
ハーブはオレガノ、タイム、ローズマリーをミックスしたハーブ・ド・プロバンス。

生のハーブを使おうと思ったらこんな状態。
2年続けて枯れちゃったよ~(T.T)
いままで枯れたことなかったのにホンマに温暖化なんか?
20100407suzuki4.jpg

「立ち枯れやん」とガッカリしてたら
ちょうどやってた今日の平沼氏・与謝野氏の新党のニュースで
渡辺喜美氏が「え? (新党名は)『たちがれ日本』?」と聞きまつがい。
(大爆笑!! わざとやろ!! 絶対わざとやで。 ゲラゲラ)

ついでにニラ。 ニラの方が丈夫なのか・・・。
20100407suzuki5.jpg

すっぽり塩で覆って230℃で60分。うちのオーブンはパワーがないから・・・。
ハーブのメチャメチャいい匂い。
20100407suzuki2.jpg

カチカチなので金づちかなんかでバンと割る。

20100407suzuki3.jpg

フワフワでバカウマ~。
でも上手に皮を開いて食べないと塩からいよ~。
今日のスズキはオーブンに入りきらへんかったから頭を落としてしまったけど
できたらお頭付きの方が塩が中に入り込みにくくていい。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
06:10 | 献立
comment(6)     -
comments
洋風塩竈も良いね!
ただ小さい魚だと塩辛くなりやすいのでは?
うちは蓮の葉(中華食材店で売ってる)で巻いてから塩竈に。
ていっても滅多に作らないおもてなし料理ですけど^^;
しかし丈夫なローズマリーが立ち枯れするとは....
ヨーロッパの気候はやっぱり厳しいんだな~
日本の政局も厳しいですけどね。
まさに「たちがれ」しちゃうんじゃない?(笑)
2010/04/08 12:26 | | edit posted by ANKO
たちがれ日本!!わははは・・・
立ってるだけいいとしましょか?(爆)
うちもなにもかも立ち枯れ・・・たかに見えて、春には復活します!
最初の年はびっくらこいてしまいましたが、慣れてきました。
でも、さすがに今年のローズマリーは復活のきざしなし。
すずき!おいしそ~!ふくらんで得した!って・・・なんかわかる。幸せ♪
2010/04/08 13:04 | | edit posted by anemone
ANKOさんへ
このスズキはかなり大きかったので塩味もちょうどでしたけど
確かに小さい魚だと塩辛く生りすぎるかもしれませんね。
蓮の葉で包むのもいいですね。
香りが移っていい感じ。
奉書焼きっていうパターンもありますね。
これも魚が小さいときはいいですね。

ローズマリーみたいな木が枯れてしまうなんて
去年と今年はよっぽど寒かったんでしょうね。
去年、枯れたときに植え直したのに今年もまた買ってこないと・・・。

anemoneさんへ
このニュースを聞いたときは涙が出るほど笑いました。
うちも毎年「ああ、枯れたか〜」と思ってても春になれば復活してたのですが
ここ2年はだめですね。
地下で育つものは大丈夫そうなんですが地上で冬越しするものはダメ。
塩焼きもおいしいですけどこんな風に蒸し焼きにしたのもいいですね。
2010/04/08 18:11 | | edit posted by 猫やしき
おー、うまそう!!じゅるるるーんですな。
これはイタリアでも良くやる調理法ですよ。
でも確かにお頭つきだわ。
確かこの料理法の時はウロコも取らずにそのままぶーんってぶっこんじゃうって読んだ気がしたが…
で、ローズマリー…こんなんなっちゃった??
うちもタイムはこうなるけど、放っておくと又生えてくるよ。
まイタリアですから、これらのハーブ類は元気いいですわ。
それより、このニラ!今年もすごいわね。
にらはベルギーの気候に合っているのか????
またギョーザ地獄??


2010/04/08 19:07 | | edit posted by ズッコのマミィ
おお!なんかお店でしかお目にかかれぬと
思った塩包み焼きが~!!
アレンジがいつもながらキラーンと光りますよね。尊敬...
ローズマリー枯れるときありますよね。
ミョーにじょうぶなくせに突然...なんでや...
で、立ち枯れ日本...
こういうの、「シンクロニシティー」といわずして
なんという!ですね。猫やしきさんちのローズマリーと日本。
ものすごいシンクロ。(笑)
エルブドプロバンスー!!うちもときたま使います。
キッチンハーブのビンだらけで中世なら
まずまちがいなく魔女裁判ですよ。猫はいる、カエルはいる。わははは。
2010/04/08 23:41 | | edit posted by めんまねえちゃん
ズッコのマミィさんへ
あ、イタリア料理ですたか。
どっかの国の料理だったなあと思ってました。
魚屋で頭とウロコを取るように頼んだあとで
塩釜にしようと思いついたので頭はなし。
どっちにしても頭が付いてたらオーブン皿に入りきらないし。
レストランで食べるとウロコが付いてたりするでしょ。
あれが嫌なんです。
ウロコが口に残るとおいしさ半減。ウロコはとってほしい。
イタリアのように暖かければまた復帰するかもしれないけど
去年は待っても待っても復帰しなかったので諦めて植え直しました。
多分今年もダメだと思う。
ニラは丈夫やね。
ついこの前、去年のニラを食べ終えたところやのに。
やっぱり餃子かニラまん?(笑)

めんまねえちゃんさんへ
これはすんごく簡単ですよ〜。
塩に卵白を混ぜるだけですから。
魚焼き器で塩焼きにしてもよかったけどアミの掃除が面倒で。(^_^;
ローズマリーだけは枯れないと思ってたのに
2年続けて枯れてしまいました。
やっぱり雪囲いが必要なのね・・・(T.T)

いやー「立ち枯れ日本」には笑わせていただきました。
日本中で大笑いした人、たくさんいたんじゃないでしょうか。
あれが渡辺喜美氏のアドリブやとしたらちょっと見直さないと。
おおそれそれ、エルブドプロバンスどした。
骨付きラムや魚介とかオールマイティなのでうちのはでっかいビンです。
猫がいてカエルがいてアヤシげなハーブがあって
でっかい鍋があれば間違いなく魔女ですな。(笑)
2010/04/09 07:30 | | edit posted by 猫やしき
comment posting