誕生日
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
--:-- | スポンサー広告
-    -

 パエリャ

4月末の料理教室の様子をアップするのを忘れてたので・・・^ ^;
残念ながら9月から始まる予定やった料理教室はボツになりました~。
7月に開いたブラッスリーが忙しくてそれどころやなさそう。

20100427kookles4.jpg
アペリティフはシェリー酒、3種類

20100427kookles3.jpg
ガスパッチョ

20100427kookles6.jpg
パエリャ デ マリスコ

20100427kookles5.jpg
黒鯛の塩釜サルサ添え

20100427kookles8.jpg
クレーマカタラーナとレモンシャーベット

20100427kookles7.jpg
チュロス

<調理風景とレシピ>
20100427kookles14.jpg★ガスパッチョ★
トマト(ざく切り) 500g
玉ねぎ(みじん切り) 100g
きゅうり(ざく切り) 1.5本
赤パプリカ(ざく切り) 200g
にんにく(みじん切り) 1かけ
ワインビネガー 大さじ1
野菜かチキンのブイヨン 1L
パン(とろみ付け用)
塩コショウカイエンヌペパー
オリーブオイル
[飾り]緑のパプリカ、赤パプリカ、キュウリ(すべてみじん切り)、クルトン小

ボールに野菜を入れ塩とカイエンヌペパーを振る
オリーブオイルをタラタラとかけて混ぜる
ワインビネガーとブイヨンも混ぜて冷蔵庫で2時間以上冷やす
野菜から出たジュースを取りだしオリーブオイルを加え
その中にとろみ付け用のパンを漬ける
飾り用の材料以外をすべてバーミックスかミキサーにかけ
なめらかにした後さらにざるで漉す。
グラスにスープを入れ食べる直前まで冷やしておく
飾り用の野菜とクルトンを盛りつける
バーミックスを探す

20100427kookles1.jpg20100427kookles11.jpg
20100427kookles13.jpg20100427kookles12.jpg
20100427kookles2.jpg★パエリャ デ マリスコ★
鶏(皮を取って塩コショウ) 1/2羽分
トマト(湯むきして種を取りざく切り) 100g
インゲン(5センチの長さに切る) 100g
玉ねぎ中(みじん切り)1/2個
赤パプリカ(細く5センチの長さに切る)1/2個
にんにく(細かいみじん切り) 1かけ
チョリソ(角切り) 100g
小さなヤリイカ(カラマリ:掃除して一口大に切る) 100g
チキンブイヨン1L
パプリカパウダー
サフラン 0.5g
ローズマリー 1枝
米 200g
ムール貝(砂出しする)100g
はまぐりみたいな貝(砂出しする) 6個
グリンピース100g
辛口の白ワイン1/3カップ
オリーブオイル

コショウ
エビ大4匹
レモン1/2個

パエリャ鍋にオリーブオイルを熱し
鶏を全体に焦げ目がつくまで焼いた後、皿に取っておく。
オリーブオイルににんにく入れて野菜とチョリソを炒める。
そこへ鶏を戻しチキンブイヨンを加え弱火で10分ほど煮る。
さらにヤリイカ、パプリカパウダー、サフラン、ローズマリー、米を入れ
混ぜずに鍋を揺すりながら10分ほど煮る。
ムール貝、はまぐり、グリンピース、白ワインを加え、塩と挽きたての黒コショウを加え全体をそっと混ぜる。
上にエビを載せ鍋にアルミフォイルでフタをし、米がブイヨンを吸って柔らかくなるまで揺すりながら弱火で加熱する。(米が固いようならブイヨンを足す。)
鍋底におこげができているとさらに良し。
最後にくし形に切ったレモンを添える。

20100427kookles10.jpg★黒鯛の塩釜サルサ添え★
黒鯛(=DoradeまたはGoudbrasem)
黒鯛 (400-600g大) 1匹(前菜の時は1/2匹)/一人
粗塩1.5kg/1匹
卵白 2個分/1.5kgの塩
エクストラバージンオリーブオイル

[サルサ]
トマト(湯むきしてざく切り) 4個
玉ねぎ(ざく切り) 1/4個
スペインとうがらし(細かいみじん切り) 1/4個
にんにく(細かいみじん切り) 1/3かけ
水 100cc
塩コショウ
オレガノ
オリーブオイル

[サルサ]
オリーブオイルに野菜を入れ加熱する。
そこに水とハーブ、塩コショウを加え
弱火で時々揺すりながら30分煮る。
ミキサーにかけザルで漉す。

[黒鯛]
塩と卵白を手でよく混ぜる。
オーブン皿に卵白を混ぜた塩を広げた上に黒鯛を載せ
魚の上に約1センチ厚さになるよう塩をかぶせる。
220℃のオーブンで25-30分焼く。
焼けたらテーブルで取り分けてサルサを添える


★クレーマカタラーナ★
牛乳 1.5L
細かいグラニュー糖 200g
レモンの皮(白い部分がないように剥く) 1.5個分
卵黄 12個分
コーンスターチ 大さじ3
細かいグラニュー糖 (仕上げ用)

1 牛乳に大さじ6のグラニュー糖とレモンの皮を入れて煮る
2 卵黄に残りのグラニュー糖とコーンスターチ加えてなめらかに泡立てる
3 2に温めた牛乳を少しずつ混ぜる
4 3を鍋に戻し弱火で5分ほどもったりするまで混ぜながら加熱する
5 4を裏ごしして耐熱皿に入れる
6 粗熱を取ってから最低1時間冷蔵庫で冷やす
7 仕上げ用のグラニュー糖をふりかけブランダーで表面に焦げ目をつける。

★レモンシャーベット★
水 500cc
砂糖 500g
レモン汁 250cc
ライム汁 250cc

水と砂糖を煮溶かしたあと冷ます
そこにレモン汁とライム汁を加える
約50分アイスクリーマーにかける

★チュロス★
薄力粉 300g
水 450cc
ひまわり油 200cc
卵 3個
塩 少々
粉砂糖
シナモンパウダー
揚げ油

鍋に水と塩少々を入れ加熱する
鍋を火にかけたまま薄力粉とひまわり油を加えさらによく混ぜる
鍋を火から下ろし生地に卵を1個ずつ割り入れてよく混ぜる
口金をつけた絞り袋に生地を入れる
180℃に熱した揚げ油に細長くなるよう生地を絞り出し、きつね色になるまで揚げる
上がったものを食べやすい大きさに切って粉砂糖とシナモンパウダーを振る

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
スポンサーサイト
00:33 | 料理教室
comment(4)     -

 やっと終わった

今シーズン最後の料理教室。
やっと終わった~。\(^O^)/
楽しいけど2週間に1回は多い、って感じ?

☆お知らせ☆
次回コースが9月から始まります。次回からは月1回になる予定です。
興味のある方は左フレームのメールフォームからか猫やしきのメールに直接お問い合わせください。
詳細がわかり次第お返事差し上げます。
この料理教室を開催しているレストランSaint Pierreの連絡先は
http://www.saintpierre.be/のサイトをご覧ください。

今回はほとんど一人でデザートを作ってたので作業中の写真はなし。
20100622Kookles1.jpg
アペタイザーはブロッコリのムースとメロンとセラノハムのサラダ。
いつもカクテルを教えてくれるバーマンが新しい店の準備で不在で
「ごめん」と言うことでアペリティフはグランクリュのシャンパン。^^
予定ではゴージャスなサングリアのはずやったので楽しみにしてたんやけど
これはこれでうれしい。

20100622Kookles2.jpg
小エビのビスク。
白いのは生クリーム。

20100622Kookles3.jpg
ラムフィレのソテー、野菜のラザニアとジャガ芋のグラタン添え。

20100622Kookles4.jpg
イチゴのシャルロット。

20100622Kookles5.jpg
スペキュラース(シナモンクッキー)。

20100622Kookles6.jpg
皆さん、お疲れ様でした~

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
17:11 | 料理教室
comment(10)     -

 初めてほめられた~

料理教室も今日で終わりか~と思ってたらまだあと1回あるらしい。
参加者がどんどん減るので仕事が増えて大変よ。

20100608kookles1.jpg
本日のカクテル。名前は聞き忘れた。ポルトなんとか。
本当はホワイトポルトでつくるらしいけどPorto CruzのPinkを使って。
クラッシュアイスにポルト75cc、砂糖小さじ1を混ぜ、ライムを絞るだけ。
サングリアみたいな感じで夏にはぴったり。

20100608kookles2.jpg
おつまみはニシンの酢漬けとレッドビーツのサラダ。
冷やしたグラスにピンクのサラダと
飾りのスプラウト+ appelkappertje(caper berry)がかわいい。
もちろん味も甘酸っぱくておいし~。 これも夏にぴったり。
上のカクテルとの相性もぴったりでBBQのときには絶対作りたい。
誰か来えへんかなあ・・・。
っていうかもっと夏らしい天気になってほしい。(祈)

20100608kookles3.jpg
今回もおいしいもの満載。
これはミネストローネ。激うまやったなあ。
家で作るのと何が違うんやろ。

20100608kookles4.jpg
ポーチド鱈のトマトソース添え。猫やしき担当。
こういうので一番時間がかかるのはソース。2時間ぐらいかかった~。
苦労の甲斐あってめちゃウマ。
このソースと鱈の下のマッシュドポテトの味付けをほめられた。
いつも味が足らなくて「もっともっと」と言われるんやけど
何回もやってシェフの好みもわかったしもうバッチリ!!
でもこの調子でうちで作ると「塩辛い」と言われるんやなあ。
商売用の味付けは家庭ではやっぱり濃い。
あ、この付け合わせのジャガ芋やけど
ジャガ芋のピュレーってクリームとかバターとか大量に入ってて
ちょっと抵抗があったけど、
これはフォークでざっと潰したジャガ芋に
ちょー細かいみじんに切った小玉ねぎとエシャロットを混ぜただけ。
シンプルやのにおいしかったわ~。んでヘルシー。

20100608kookles5.jpg
デザートはマルサラ酒と白ワインのサバイヨン(sabayon)バニラアイス添え。
実はサバイヨンって嫌いやったんよね。酒臭いのが多いし。
でもこれは目からウロコ。激うまー。アイスも手作りやったし。

20100608kookles6.jpg
コーヒーのお供はリエージュワッフル。
発酵のワッフルってめんどくさそうやったけど意外に簡単にできてた。
でも誰かに作ってもらった方がええけどね。

☆調理風景☆
20100608kookles8.jpg
焼きトマトはオリーブオイルをかけて塩をしてグリル焼き。

20100608kookles7.jpg
見た目はよく似てるのに味は全然違うミネストローネとトマトソース。

20100608kookles9.jpg
あはは。これは笑った~。
サバイヨンをみんなで一斉に「せーの」でかき混ぜてクリーム状にしてるところ。

20100608kookles10.jpg
発酵中のワッフル、とそれを焼いてるところ。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
04:28 | 料理教室
comment(13)     -

 暴飲暴食の日々 (5日目)

ええかげんでやめにしとかなあかんにゃあ。
4日目はさすがに一休みで冷蔵庫の片付けご飯。
一応暴飲暴食はこれで〆ということで。
明日からはダイエットじゃあ。

料理教室第7回目。まだあと3回もある~。
ま、でもアスパラガスということで参加しとかなあかんやろ。
家で作るときのために過去記事にしみじみレシピを追加してるけどなかなかできへん・・・。

今回の作品。
カクテルはキューバ・リーブレ (キューバリバー、Cuba Libre)
20100511kookles2.jpg

おつまみ カースクロケッチェス(kaaskroketjes)
やっぱり爆発した(滝汗)。
片っ端から破裂するので途中で「もう揚げんでええ」と言われた。
でも今まで食べたなかで最高においしいチーズコロッケやった。
チーズコロッケもおいしいのがあるんやー。これは是非とも会得したい。
20100511kookles1.jpg

前菜 白アスパラのポーチドエッグソース小エビ添え
溶かしバターに半熟卵をぐちゃっと潰して食べる。これウマー。
フランダース風という潰したゆで卵で食べるのよりずっとおいしい。
今度からこれにする~。小エビの代わりにサーモンでもよさそう。
20100511kookles3.jpg

主菜 魚のワーテルゾーイ(クリーム煮)
これは見たままの味。
魚の骨でとったブイヨンで作ったソースはおいしかった。
5種類ぐらい魚のフィレをオーブンで焼いた後ソースをかける。
こうすると食感もいいしくずれにくいので出来上がりがきれい。
20100511kookles4.jpg

デザート クレープシュゼット
バカウマ!! もっと食べたかったのに
どうがんばってももうお腹に入らずくやしかった~。(T^T)
猫やしきの前菜チームの隣で盛大に火が上がってたので一瞬火事かと思った。
毎回デザートが一番大変そう。
あと3回、なんとかデザートに当たりませんように。
20100511kookles5.jpg

コーヒーのお供 アーモンドチュイル
20100511kookles6.jpg


食べ始めたのが9時を回ってて一番に帰ってきたけどそれでも帰ると12時前。
楽しいしおいしかったけど長くてぐったり。
家のカギを開けようとしたらJJがドアの向こうでべったり貼りついてた~。
オッチャンも晩ご飯にアスパラを炒めて食べたらしい。
20100511JJ.jpg

20100511kookles7.jpg白アスパラは折れやすいのでテーブルの上に必ず寝かして剥きなはれ、と言われたのにうっかり持ち上げてしまって折ってしまうヤツ。

20100511kookles8.jpg皮が残らないように慎重に剥いたアスパラは塩を加えてよく沸騰した湯で5分茹でて火を止めておく。親指の太さなら5分やけどうちでいつも買ってるのなら3分ぐらいか。サービスの直前に一瞬再沸騰させふきんにあげて水気をきってから皿に盛る。
※アスパラガスのソース
上質のバターを完全に溶かすと泡のようなのが浮くので
それを茶こしなどで漉して透明なバターにする。
ポーチドエッグは塩と酢を入れた湯を軽く沸かしたなかに
コップに1個ずつ割った卵を滑り込ませて数分かためて
ふきんなどにあげて水気を切っておく。

20100511kookles9.jpg※Cuba Libre
ダークラム 50cc
ライムジュース 5ccぐらい
コーラ
ライムのスライス
軽くステアする。

20100511kookles10.jpgこのフライパンが全然くっつかない!!デザートチームの人もあっという間にフライパンの返し方マスターしてたけどうちのフライパンじゃあ無理かも。

20100511kookles11.jpgチュイルはこの料理教室ではよく登場する。ひっくり返したコップの底を使ってアイス用のカップを作ったり。今回はアーモンドを載せて焼き丸い形に。


★レシピ★
チーズコロッケ
低脂肪じゃない牛乳 500cc
バター 35g
薄力粉 70g
エメンタールチーズ(おろしたもの) 75g
パルメジャーノ(おろしたもの) 25g
板ゼラチン 25g(長いタイプで5枚)
塩、コショウ、ナツメグ
卵、薄力粉、細目のパン粉

1 ゼラチンを水につけてふやかしておく。(切らない方がいい)
2 [ホワイトソース]
バターを鍋に溶かして薄力粉を加え弱火で10分ほど混ぜながら加熱。
牛乳を3回に分けて加えダマをつぶすように力業でまぜまくり火を止める。
3 ふやけたゼラチンの水をよく絞って熱いソースに加えよく溶かす。
4 チーズも加えて溶かし
5 塩、コショウ、ナツメグを加え(おつまみにはしっかり)味つけ。
6 バットに2cm厚さぐらいにソースを流し
ソースの表面にシリコンペーパーを貼ってならし冷蔵庫で固める。
7 しっかり固まったら一口サイズに包丁で切る(2cmx2cmぐらい)
この時切り口がぼろぼろすると衣の付きが悪くなって破裂の原因になる。(汗)
8 小麦粉→卵水→パン粉→卵水→パン粉の順で衣をつける。
9 180℃で2分揚げる。
揚げてる最中に破裂したら
すぐに破裂したのを取り除かないと悲しいことになる・・・。
成功を祈る<(_ _)>

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
18:26 | 料理教室
comment(23)     -

 ばーちゃんの味

お料理教室4回目。
なぜか5人しか集まらず・・・。男性陣は誰も来ていない。
もうみんな飽きたんかなあ。
5人で作れるのか非常に心配。

でもなんとか完成。
どれもすごくおいしくできて、作るのも難しくなかったので
今回のレシピは家でも作りたいものばっかりやった。

★本日のカクテル★
Picon vin blanc
Picon
グレナデン・シロップ
トリプル・セック
白ワイン
20100330kookles1.jpg
とりあえずおつまみは
生ムール貝と
軽く茹でたムール貝のマリネ
の2種類。
生ムールはおいしすぎて
写真を撮る前になくなった。
ポイントはムールの殻の開け方。

20100330kookles2.jpg前菜
リエージュ風温野菜のサラダ。
酸味が効いておいしい。
うちも今度からワインビネガーを入れようっと。
インゲンはやっぱり細いケニア産。
地のインゲンは硬いからね。

20100330kookles3.jpgパンはHanosの冷凍やと思うけどすごくおいしかった。

20100330kookles4.jpg小さなチキンのばーちゃん風。
焦げ目をつけた鶏を野菜とビールとフォンで軽く煮たもの。
昔風にしっかり味がついてる。
これは家でも早速作ってみたい。
付け合わせのコロッケの成形は暇やった猫やしきのデザートチームが作成。


20100330kookles5.jpgバニラババロワのカラメルソース添え。
猫やしき担当。
今回のデザートは超簡単。(^_^;
あんなに大量にキャラメルソースを作ったことなかったので
水を入れるときちょっと怖かった。

20100330kookles6.jpgそれと
トリュフチョコレート
トリュフのように成形して、
と言われても
トリュフってどんな形やった?
めったに見ることないからわからにゃい。

20100330kookles7.jpg料理にビールが使われているので
飲み物もベルギービールで。
フハールデン(Hoegaarden)。
これ発音が難しい。
ドイツの白ビールとも違うさっぱり系。

20100330kookles8.jpgトラピストビールのWestmalle。
黄色いラベルがトリプルでアルコール度数9.5%
黒い方がダブルで7%。
アベイビールとトラピストの違いを説明してもらったけどやっぱりわかんねー。

20100330kookles9.jpgおいしい泡の立て方も習う。
と言っても難しいことはなく
半分どばどばと注いだ後ちょっと待ってから
残りをゆっくり最後まで入れる、だけ。

20100330kookles10.jpgごちそうさまでした~。

もう11時回ってるのに
食べたらさっさと帰ろうぜ!!
ほんまベルギー人はのんびりなんやから。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
22:59 | 料理教室
comment(13)     -

 ついにオマール!!

行くの?行くの?とついて回るJJに後ろ髪をひかれつつ出かけた料理教室第3回目。
(4回目やけど1回サボった・・・(^_^;)

ついに出た!!
念願のオマール~
シーフードがオススメの店やのに肉ばっかりでどーなっとんねん、と思ってたけど
ついに出た~

20100316kookles1.jpg

20100316kookles3.jpg
一緒に作るチームのメンバー。
オマール担当になってうれしい~。
みんなやってみたいよね。

20100316kookles8.jpgオマールはあっという間にできるので
とりあえずクールブイヨンと
スープ用の野菜をひたすら刻む。

これはセロリの種類で
根の部分を食べる。

20100316kookles2.jpg
オマールの種類のお勉強中。
赤いのがカナダ産で青いのがヨーロッパ産。約550g。
カナダ産はヨーロッパ産の半額なので使うのはカナダ産。(やっぱり・・・)
ちゃんと持ち方とか鍋への入れ方とか習ったのに
暴れるのでみんなビビって最後は鍋に投げ込んてた。
(猫やしきも当然投げ込み方式)
オマールにストレスをかけるとマズくなるので気をつけるように!!
と言われたのにストレスかけまくり。(汗)
シェフが入れるとおとなしくはいるのに我々が入れると暴れるってこの違いは何?

オマールのゆで時間は
重さ/100+1分。 500gのオマールなら6分。

20100316kookles6.jpgこちらはデザートチーム。
めっちゃカロリー高そー。
スポンジ生地の上にシロップ付のフルーツ、
更にアイス、そして全体をメレンゲでカバー。
このメレンゲには大量のシロップが・・・。

20100316kookles5.jpg一息ついたら
カクテルの時間。
本日は「レッドクイーン」

20100316kookles7.jpgおつまみはチーズとアンチョビのパイ。
これがウマウマ~。
思いっきり食べた。

完成!!
20100316kookles9.jpg

20100316kookles4.jpg
アラネージュっていうからメレンゲとかフワフワしたのをイメージしてたけど
ジュリエンヌの野菜スープをかけたもの。

↓こっちのほうがイメージ的には「アラネージュ」
20100316kookles10.jpg
カロリーすごいけどめっちゃウマかった。
全員一致で今までのレッスンで一番おいしいデザートとの評価。
その代わり飴を作る作業とか大変そうやったし。担当やなくてよかったぁ。

あー食った食った。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
06:31 | 料理教室
comment(13)     -

 女王様のおつまみ

料理教室2回目。
今回はベルギーでは非常にポピュラーな
Koninginnehapje (= Vol-au-vent : 女王様のおつまみ?)。
要するにパイに鶏のクリーム煮込みをかけたもの。
子供も大好きなので募金パーティなんかでも定番の料理。

レシピはすべて4人分
おつまみ
Roulade van ham met mosterdboter

20100209kookles1.jpgゆでハム 2枚
ミルクバター 100g
粒マスタード 大さじ1
丸形トースト(市販品)
パセリ
室温に戻したバターにマスタードを混ぜる。
それをハムに塗る。
アルミ箔の上にそれを広げてきつく巻いて冷蔵庫で冷やす。
巻いたものを切ってトーストに載せる。

前菜
Duo van tomaat garnaal en tomaat monegasque

小エビのトマトカクテルとモナコ風トマトファルシー
20100209kookles2.jpgサラダ菜 1/2個
チェリートマト 8個 (湯むき)
固ゆで卵 2個
グレーの小エビ 160g
ツナ缶のツナ 160g
マヨネーズ 大さじ4 (卵黄1個、ひまわり油300cc、マスタード、塩コショウ)
タラゴン(生)、チャービル(生)、パセリ(生) 各大さじ1

20100209kookles5.jpg小エビとツナを別のボウルに入れ、それぞれに半量ずつのマヨネーズ、生ハーブを混ぜ塩コショウする。
カップにしたそれぞれのトマトに小エビとツナを詰める。
サラダ菜、トマト、ゆで卵、残ったツナと小エビを盛りつけ刻みパセリをかける。


メイン
Koninginnehapje

20100209kookles3.jpg
スープ用の鶏 1羽
ブーケマルミット(ニンジン1本、ポレーねぎの青いところ1本分、玉ねぎ1個、グリーンセロリ1枝)
ブーケガルニ(軸付きパセリ、タイム、ローリエ、クローブ)
マッシュルーム 500g
合挽肉 250g
市販のパイシート 8枚
薄力粉 60g
バター 40g
生クリーム 100cc
塩コショウ

・ホランデーズソース
卵黄 2個
レモン汁 1/2個

溶かしバター 100g
塩コショウ
鍋に卵黄、レモン汁、少量の水を入れ、泡立て器でよく混ぜ沸騰させないよう(70℃以下)に弱火で煮る。
溶かしバターを混ぜ塩コショウで味を調える。

付け合わせ
・Hertoginnenaardappel(公爵夫人のポテト)

ジャガ芋(マッシュポテト用の柔らかくなるもの) 500g
バター
卵 1個
生クリーム またはミルク
塩コショウ
ナツメグナッツ(おろしてないもの)
塩茹でしたジャガ芋をpasse vite(裏ごし器)で裏ごしし、バター、卵、生クリーム(ミルク)をよく混ぜ塩コショウ、おろし立てのナツメグで味を調えてピュレーにする。
ピュレーにしたジャガ芋を絞り袋に詰めバラの花状に絞ってオーブンかグリルで焼き目をつける。

・Groenten garnituur
クレソン
シャロット 1個
輪切りにしたシャロットで輪っかを作りそこにクレソンを差して束にする。

20100209kookles7.jpgざく切りのブーケマルミット、少量のバターと鶏を入れた鍋にたっぷりの水を入れ最低でも30分煮る。
鍋から柔らかくなった鶏を取り出し、
残ったスープを漉して1Lのブイヨンを作って冷ましておく。

スライスしたマッシュルームをバターとレモン汁で焦がさないように炒める。

20100209kookles6.jpg合挽肉を小さく丸めて塩茹でする。
鍋にバターを溶かし小麦粉をいれ焦げ色が付かないようにホワイトソースを作る。
そこに冷ましたブイヨンを加え泡立て器でよく溶かしなめらかなソースになるまで煮て生クリームを加える。
茹でた鶏を小さく切ったものとマッシュルームと茹でた挽き肉をソースに加え塩コショウとおろし立てのナツメグで味を調える。

20100209kookles8.jpgパイシートを直径8センチぐらいに8個抜き、そのうちの4個に4センチぐらいのドーナッツ型の穴を開けて卵黄を塗り180℃のオーブンで約15分焼いてケースとふたを作る。
パイにチキンクリームをたっぷりかけその上にホランデーズソースをかけ、パイのふたをのせ、付け合わせのジャガ芋とクレソンを添える。

デザート
Tulpje van oublie deeg met vers fruit coulis van framboos

20100209kookles4.jpg・チュイル
卵白 200g(6~7個分)
ミルクバター 200g
粉砂糖 200g
小麦粉 250g

・フランボワーズソース
フランボワーズピュレー(生か冷凍) 400g
水 200cc
粉砂糖 200g
砂糖と水を加熱したあとフランボワーズピュレーを加え冷ましておく。

・季節の果物(食べやすいように小さくカット)
・バニラアイス

20100209kookles9.jpg全部の材料をよく混ぜてオーブンペーパーに薄くのばし190℃で約6分焼く。
焼けたチュイルをコップの底に押しつけてカップを作る。
皿にソースを広げその上にチュイルのカップを置く。
果物とアイスを盛りつけミントの葉と粉砂糖で飾る。

Studentenhaver
20100209kookles11.jpgフォンダンショコラ 500g
ミックスナッツ
レーズン

フォンダンショコラを約35℃で溶かす。
オーブンペーパーにフォンダンショコラを丸く広げナッツとレーズンを載せ冷まし固める。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
16:52 | 料理教室
comment(0)     -

 料理教室1回目

最近評判のレストランが料理教室をするのが流行ってる。
よく行くレストランでも開くというので知り合いがプレゼントしてくれた。
保証金 30€、一回の参加費用は40€x10回(隔週)という
(猫やしきにとっては)超高級料理教室。
料理教室自体も初めてで面白そうなので有難く参加させてもらいやした。

ちょっと遅れてついたらもうみんなシャンパンを飲みながら
献立の説明をきいてる〜。
Max12人なので前菜、主菜、デザートの4人ずつのチームに分かれるのだが
主菜をやりたい人ばっかりでなかなか決まらず。
猫やしきはデザートを担当することに強引に決定され、早速調理開始。

注:ここからめちゃめちゃ写真が多いけど選べなかったのでごめんちゃい。
お詫びにズッコのマミィさんの「どんぢゃかチーム」風にしてみました(笑)

前菜チーム 食材が多くて悩み中。
20100126voorgt.jpg

メインチーム: 肉を常温にするため台に出したらさっそくソース作り。
これやりたかった〜(T.T)
20100126hoofdgt.jpg

デザートチーム: 作るのは2種類のソースのシューアイス。
それとコーヒーのお供のマジパン2種。
20100126kookp.jpg
このこんろ欲しい〜。鍋の温度が設定できるので
ようかんとか温度管理が必要なお菓子作りによさげ〜。
他にも欲しい道具がいっぱいあったよ〜。
20100126dessert3.jpg

シューはちょっと難しかったので猫やしきが大活躍(ホンマか?)
20100126dessert1.jpg

マジパンは市販品を使ったのであっという間にでけた。
20100126dessert2.jpg

これで下準備はおわり。

その後、前菜チームの「チコリのエビカクテルのせ」をつまみながら
カクテル「シルバーフィズ」を全員で作って飲んだ。
ここらからちょっとみんな酔っぱらい気味。(^^ゞ
20100126voorg0.jpg

サービスの開始。
レストランでエプロンつけたままご飯食べるってなんか面白い感覚。(笑)
20100126kookles2.jpg

前菜: ロシア風卵サラダ
20100126voorg2.jpg

食べ終わったら次メインチームが立ち上がってステーキの用意。
みんな興味津々で全員キッチンへ。
20100126hoofdg1.jpg
常温に戻した肉を焼き始める。
いつもレストランで食べるときみんな焼き加減の注文が違うのに
一斉にサービスされるからどうしてるのかな、と思ってたら
まずウェルダンの肉を焼き休ませる。次ミディアムの肉を焼き休ませる。
最後にレアの肉を焼いて焼き上がりに全部一緒にフライパンに戻すと
一斉に熱々でサービスできる。なるほど・・・。

ステーキソースのフォンはすぐには作れないのでレストランのを使うのじゃ。
超ラッキー。プロのフォンを使えるなんてこんなチャンスないもんね。

肉焼くときはフォークで突きさすと肉汁が出てしまうので厳禁。
このでーっかいピンセットを使ってた。これが使いやすそうで欲しい〜。
20100126steak.jpg

グリーンペパーソースのステーキ出来上がり〜。
猫やしきのは表面が焦げてた・・・。ご愛敬。料理教室ですから。
焦げててもなかは味があっておいしかった。
20100126hoofdg2.jpg

最後はデザート。
皿に2種類のソースを飾り付け半分に切ったシューにバニラアイスを詰める。
20100126dessert4.jpg

20100126dessert6.jpg

20100126dessert8.jpg

20100126kookles1.jpg

家で試したいと思ったのは「チコリのエビカクテルのせ」とステーキソース。
すんごい楽しかったんやけど6時に始まって家に着いたら12時やった。
家にはいるとキョーレツな油の匂い。
オッチャンの晩ご飯は天ぷらやったらしい。
お腹いっぱいの所にもってきて天ぷらの匂いで胸が焼けた、の巻。

    ���L���L���L
    よかったら応援クリック2発お願いしますっ

    人気blogランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ   ありがとうございました〜
03:32 | 料理教室
comment(10)     -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。